スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版プリティーリズム熱唱上映 (3/16)

3月16日に横浜ブルク13さんで行われた
「劇場版プリティーリズム熱唱上映」に行ってきました~!



熱唱上映とは…

以下、公式より

> ★熱唱上映&キャストトークイベントについて
お客様全体で一緒に盛り上がる熱唱上映&キャストトークイベントです。
この上映回に限り、コールや応援など、
本当のライブをご覧いただいているかのように盛り上がっていただいて構いません。
さらに、キャストが登壇してのトークイベントも開催し、プレゼント抽選会もございます!




とまあ、このようにサイリウム振ったり、\黙れユンス!/したりと
TLのアニメ実況みたいなテンションで映画見ちゃおう!というイベントです。


基本的に自分はキャストトークイベントが目当てで、
熱唱上映というものにはあまり興味がなかったのですが、
なかなかどうして、これが非常に楽しめるものでしたね。


この記事見てる人は全員がプリリズ見てる人だと思うのでそのまま投げますけど、
ほら、プリリズに出てくる観客って民度低いじゃないですか?
あれを自分たちで出来るっていうのが、もう楽しいったらありゃしない!

\みおんサマァアアアアアアアアアアアア/するのも良し、「りずむちゃん結婚おめでとう!」叫ぶのも良し…
オーロラライジングのシーンでJUNさんの「ユニバアアアアアアアアアス」を真似している方もいらっしゃったとか。


自分は「Dream Goes On」を泣きながら歌ったり、
「まず無限ハグをマスターするんだ」とか叫んでましたね。
あっ、上映2回目のかな恵のシーンで、「大人にもストーンちょうだい!」って言っていたのは俺です。
ちょっと笑っている方がいて嬉しかった(笑)。


プリティーリズムはただ見るよりも、周りと想いを分け合いながら見るのが面白いアニメだと思うので、
この熱唱上映というイベントはぴったりのように感じましたね。


あとあと、熱唱上映という言葉が非常にプリティーリズムらしくていいですよね。
こういうイベントって一般的には絶叫上映というらしいんですが、そんな中の熱唱上映…
うん、センスあるしプリリズっぽい!


ということで、めちゃくちゃ楽しめた熱唱上映でしたっと。




ここまで書いて舞台挨拶の話をしていなかったことに気付く。


舞台挨拶ですが一回目は上映後、二回目は上映前のトークになっていました。
基本的に内容に触れてもらう方が好きなので、上映後舞台挨拶を選ぶマンだったのですが、
今回は二回目のトークの方が当たりでしたね。


記憶がもう怪しくなっているので自信はないんですが、

一回目は
挨拶→映画になった感想→映画の良かったシーン→クイズイベント
→長崎音響監督のキャストへのメッセージとそれに対する反応→最後に挨拶

二回目は
挨拶→映画の見所→好きなプリズムソング→クイズイベント
→菱田監督のキャストへのメッセージとそれに対する反応→最後に挨拶

みたいな流れでした。


一回目は基本的には映画についての感想だったのですが、
二回目はこれに触れられないだけに、
キャラクターに対する想い入れを話す方向に逸れて、それはもう俺得状態!


好きなプリズムソングというところで、
前作の曲「Dream Goes On」を挙げるるみるみは、
本当にプリリズを愛してくれているんだなぁと…(涙)


RLチームはやはり「pride」が話題にあがっていたのですが、
えみりんの「Little Wing & Beautiful Pride」話は聞けてよかったです。

ハピなる音頭に比べて、非常に大人っぽい歌い方になっているLWBPは、
ゲームに入る曲ということで他のデュオソングとは違い、
「どしゃぶりHAPPY!」と同じ日に収録されたとか。

しかも、「どうしてあのべる様とペアになるのか?」
という部分がまったくわからない状態での収録だったようで(笑)。

「あのべるちゃんとペアを組むくらいだから、
きっと何かしらすごいことがあったのだろう!」

(ここでべる様と言い掛けたけど、なるをイメージしてべるちゃんと言い換えたえみりんは声優の鑑!)

と、一年後のなるちゃんをイメージした歌い方にされたようです。
そりゃかっこよくなりますわな…。



その後の監督からのメッセージコーナーも泣けましたね。
というか、このイベントのるみるみは全てにおいてずるかった(笑)。


「私の声優人生の中での大事な時期に、
みあというキャラクターを演じることが出来て良かったと思います。」


「みあというキャラクターを演じることで、私自身もポジティブになることが出来ました。
『特に私たちはプリズムスターだ!みんなが進む道は明るいって、
未来は美しく輝いてるって、私たちが言わなきゃ、誰が言うんだ!』
という台詞は今でも忘れません。」


などなど、るみるみの中で上葉みあというキャラクターが
いかに愛されているかが強く伝わってきました。

作品を深く愛している人間にとって、これほど嬉しいことってないんですよね。
この三年間の間、自分はプリティーリズムから”生きること”を
教わったといっても過言ではないと思っているので、本当に……。


序盤がちょっと重い部分もあったり、自分がAD大好き人間なのもあって、
DMFは本放送とその録画でしか見直していないのですが、
るみるみの言葉で自分のDMFが好きなこと、
そして好きな部分が明確化された感があるので、今度通しで見なければいけないなと思いました。


こういうことがあるから、キャストトークイベントってやめられないんですよね!
最後は横道にそれまくりましたが、以上でイベント感想を終わりにしたいと思います。
最高のイベント、ありがとうございました!



P.S.
すっかり書き忘れてましたけどクイズコーナーでうっかり賞品ゲットしちゃいました!
サイン入りポスターです!ドヤァ!
Bi2-dHrCQAA7qoy.jpg

劇場版 プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン

はい、見てきました。
なんていうか…なんていう、もう……。



プリティーリズム最高!!!!!!!!!



自分で書いていて、「もはや感想ですらねぇな…」とは思うんですけど、
良かった、本当に良かった……良かったよね??


なんといいましょうか、
視聴者の心の内にある”プリズムの煌き”が光り輝くような映画でした!
三年間見続けてきた人にとっては最高のご褒美だったね、うん…。


「AD見てたけどその後のシリーズ見てない!」って人は
ぜひぜひ映画見に行って、DMF~RL見たくなればいいんじゃないかな!



基本的な作りは、今までのシリーズ全作品のCGパートを曲ごとに区切って再編集したものが
スタッフが苦労した順にランキング形式で紹介されるという形でした。


また、CGパートがただ映されるだけでなく、
ランキング紹介の前に女児アニメ映画特有の上映注意アニメーションがあったり、
紹介のタイミングでちょくちょく小ネタを挟んだりと飽きない構成になってましたね。
そして、最後には………


見た人にはわかると思うんですけど、これ本当に最高でしたよね…!
見てない人は早く見に行きましょう!






<以下ネタバレ注意>










重度のプリリズ大好きマンなので、ランキングに文句つけたくならないか
少々…いや、かなり心配だったのですが、案外スッと入ってきてびっくりしました。


どのジャンプも大好きなんですけど、
あえて言うなら「Dear My Future ~未来の自分へ~」「Mirage JET」と「Que Sera」でしょうか。

DMFのショーってどれもショー演出が凝っててかっこいいんですよね。
ペアチャムバンドの発光による光の軌跡は何度見ても幻想的…。
この3曲のおかげで、改めてAD抜きにしてもDMF大好きなことを自覚できて良かったです。



あとは、やっぱり3位の「Dream Goes On」ですかね!


いやーホント最高でした!はい!!!


Dream Goes Onは自分の中で「プリティーリズムといえば!」くらいに大好きな曲なので救われました。
本当に救われたんです……。


この映画の映像全てに言えることなんですけど、編集がずるい!
なんだよ、私服ヒラヒラヒラクコイノハナからピュアプレミアムあいらって……なんなんだよ……!


これ、いつもtwitterでブツクサつぶやいてることなんですけど、
12話のあいらショーと50話のあいらショーって反転する形になっていて、
物語の始まりと終わりの全てが描かれているんですよ。


それをみんなに理解して欲しくて、
何回も、何回も…つぶやいてた俺にとってあの映像はさぁ……(泣)





そして、最後……

うん、そりゃ「You May Dream」が1位だよな…!


自分は亀有のMARs舞台挨拶初回を見に行ったんですけど
映画館に向かう途中、シャッフルで音楽流してたら、
到着直前でちょうどYou May Dream流れたんですよね


なんかもうタイミング良過ぎて「これはもう、今日絶対に流れるだろ!!!!」
くらいのテンションで映画見てたら、まさかの一位で体の震えが止まらなかったです(笑)


映像についてはあえて何も言いません。
たぶんあの映像は皆のプリティーリズムの好きな部分を想い想いに反芻するためにあったと思うから。


冒頭でも書いたとおり、この劇場版プリティーリズムは、
視聴者の心の内にあるそれぞれのプリティーリズムへの想いを
自分だけの形で輝かせるためにあると思うんですよね。


どのシリーズが好きだって良い。
見てないシリーズがあったって良い。
脱落したシリーズがあっても良い。
それでも、キャラクターたちが輝いてきたことには変わりないから。
それに、きっとこれを見ている人たちはプリティーリズムが好きなことには変わらないから。


そんな優しい気持ちになれた映画でした。


ありがとう、プリティーリズム!

今週のアニメ感想(12/2~12/08)

「ガンダムビルドファイターズ #9 想像の翼」
チナちゃん回。
なにかのために、この場合だと、恋する人のためにガンプラを利用してもいいっていう
このアニメの無駄な懐の深さはちょっと面白い。
チナちゃん回なのに厳ついタイトルだなぁと思ったけど、最後まで見て納得。
相変わらず楽しいアニメです。



「境界の彼方 #10 白の世界」
今までこのアニメに対しては、「構成ヘッタクソやな~!イベント詰め込みすぎ!」
と勝手に思っていたんだけど、自分の思慮の浅さに少し反省。
この形になるのであれば、最適な形だったと思います。
来週から主人公が頑張ってくれそうなので期待。



「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している #9 (1) ドキッ!美少女だらけの以下略」
相変わらず超面白いっていうか楽しい。
ぶっちゃけ原作は面白くなさそうなんだけど、アニメはイイネ。
やはり最強ジュエペサンシャインスタッフでした。



「アイカツ! #60 噂のぽわプリ」
最近落ち目なアイカツ!ですが、今週の話は楽しかった。
無理にソレイユ組出す必要はない。
とにかく最近のかゆいところの手を伸ばしてくれた回。
かえでもそうだけど、個人的にはしおんちゃんがぽわプリであることを認め、そのために動く感じが最高でした。
でも、そろそろあれだ…しおんちゃんのCGそろそろ作ってあげて…。



「たまごっち~みらくるフレンズ~」
たまごっちは無理に作風を変える必要もないし、制限も加えられたりしないから自由にやれて楽しそう。
今週もいい話でした。
ところで、そろそろOPとEDのCDとかどうですかね…。



「ポケットモンスターXY #9 ミアレジム攻略!シトロンの秘密!!」
シトロンがジムリーダーであることが意外と早期でバレてびっくり。
話も面白いし、相変わらず戦闘シーンも良い。
弱点なしです。



「ガリレイドンナ #9 時空金魚<前編>」
面白くなくはないんだけど…うーん…。
ご先祖様に惚れるとかいう少女マンガでもなかなかやらない展開は面白かった。



「サムライフラメンコ #9 抗えぬノルマ」
前々回から一気に展開を変えてきたサムメンコ。
すっかり怪人に飽きてる民衆や、舐め腐ってるサムメンコサイドとか笑える。
一気に形が変わってしまったなぁ…と思っていたサムメンコだけど、面白さの質は何も変わってなくて安心。



「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 #10 勇者になりたかった俺と~」
今期のおっぱいアニメ兼垂れ流し枠。
今日もおっぱい楽しむか~!と思ったら意外と面白そうな展開に…。
来週が楽しみ。



「革命機ヴァルヴレイヴ #21 嘘の代償」
ゲラゲラゲラゲラ。
たぶん今期で一番頭が悪い枠。
脚本ひどすぎて笑いしか出てこなかった。
このアニメのキャラ、サキちゃん以外全員死ね。



「プリティーリズム・レインボーライブ #36 お泊り会でふたりはめちゃウマ!?」
今週も一番面白かった。
twitterで「あそこまでシリアスやってギャグ締めってどういうこと…」って
言ってる人がちょくちょくいたんだけど、ちょっと待ってください。
わかなの家族の問題は家庭内で父に誰も反抗する人間がいなかったことであり、
今後のわかなが自分で思っていることを主張できるかどうかはわかな自身の問題だと思いますヨ。
やっぱり、プリリズは親まで視聴者範囲に含めているよね。うん、いいアニメです。



「最強銀河 究極ゼロ 〜バトルスピリッツ〜 #11 争奪戦!新アルティメットは誰の物!?」
あの強力なカーン・ウルフが3体も!!
圧倒的ゴミフィールド!!!
黄色デッキ早く組みたい。



「獣電戦隊キョウリュウジャー #40 グッとくーる! オッサンはつらいよ」
戸松再び…と思ったらまさかの折笠さんまで…。
なにこの特撮…。
相変わらず飛ばしているけど、描くところはしっかり描くからまったく油断ならない。
バトアルがクソつまらないから、その分余計面白い。



「ファイ・ブレイン神のパズル 第3シリーズ #10 本当の夢は何だ?」
神のパズルならぬ神のバスケ回。
1期のギャモンの生き写しであるジョーとギャモンのお話。
えーっとお話は悪くなかったけど、これパズルだったか…?



「世界でいちばん強くなりたい! #10 さくらの宿命!」
6話が最高に面白かったせかつよ。
やっと今週からリアタイで見れる…。
彩奈VSハナザーさんと思ったら、まさかのあすみんで爆笑。
実況も大変盛り上がってました。
それにしてもあんだけ馬鹿にしたアイドルに、結局ボコボコにされてる戸松って…。



「ワルキューレ・ロマンツェ #10 激闘―Close Fights」
やれば出来るクソアニメって最高ですよね。
いつもは馬鹿ばっかりやってるけど、ちゃんと展開すれば熱くていい話も描けるんです!
ちゃんとタカヒロのアドバイス通り戦った結果だし、文句なしの良回でしたね。


というわけで、一週間のアニメ感想なんてものを書いてみました。
彼女と別れてせっかくだしなんかやってみようかなーと思いまして。
来週も更新できるよう頑張ります!



なお、ジュエペ、ドキプリ、ログ・ホライズン、ミス・モノクローム、ドリランドはまだ未視聴です。
はやく消化しないと…。

アイカツ!が描くゴスロリについて

アイカツ!19話「月夜のあの娘は秘密の香り」
       20話「ヴァンパイア・スキャンダル」

楽しく視聴させていただきました。

19話はいつものアイカツ!らしい展開でしたが、
20話はだいぶ毛色が違いましたね。

いつものアイカツ!はまず導入部分で面白おかしく展開し、
収束部分でその良さを表す形なのですが、
20話はその面白おかしくの部分がだいぶ少なかったなと感じました。

それだけ今回のお話に関しては、
スタッフさんが描きたい部分が多かったのかもしれませんね。




さてさてこれくらいにしてタイトルの話に入っていきたいと思います。
19、20話で丁寧にゴスロリに触れられていたのでこの記事を書きたくなった次第です。
(筆者はゴスロリについて特別詳しいわけではありません。
 さわりを知っている程度なので間違っている部分があればご指摘ください。)

まずはゴスロリについて


ゴシック・アンド・ロリータ

ゴシック・アンド・ロリータ (Gothic & Lolita) とは、
本来異なるゴシックとロリータの要素を結びつけた日本独自のファッションスタイル。
またそのようなサブカルチャーを指して言う語。略称はゴシック&ロリータもしくはゴスロリ。



ゴシック・アンド・ロリータは精神性を大事にするといわれている。

~~「そのお洋服を着たら、そのお洋服に似合う女の子になってほしい。
言葉使い、立ち振る舞いとか。服だけゴス・ロリしていても、何か違う。」~~


またゴシック・アンド・ロリータは、少女の夢やそこに潜む心の闇を、
自己表現するファッションともいわれている。




というのがおおまかなゴスロリというファッションの基本です。

少女の夢や心の闇を強く強調して、

より気高く、強くあろうとするためのファッションという解釈もあったように思います。
(ゴスロリファッションをたしなむ人間ではないので深くは言いませんが…)



ゴスロリというとどうしても奇抜なものというイメージが強いせいで、
なにかにつけ一種のネタとして取り扱われることが多いんです。

しかし、アイカツ!は違いました。
これに見事体当たりしていったわけです。




まずは19話「月夜のあの娘は秘密の香り」。

こちらは「私らしくアレ」を示すためにゴスロリに触れられていました。


素のユリカちゃんに遭遇したいちごちゃんご一行のシーン。
ゴスロリというものについての軽い説明があったうえでの、



ユリカ「これ(ロリゴシック)を着れば私らしくいられるって思ったの」

あおい「それで吸血鬼の末裔ってキャラクターが生まれたのね」



という台詞があります。

この台詞はとてもわかりやすいですね。


アイドルと関連付けて(いちごちゃん視点で)
お話を展開しているのでわかりにくくなっていますが、

つまり”ユリカ様”とは、

「誰にも負けない強く、気高い存在」というユリカちゃんの憧れ

を形にしたキャラクターであり、
また、ユリカちゃんは自分らしくいるために、
ゴスロリを着てその上でキャラクターを演じているわけです。

(その結果としてアイドルとして輝くことに成功しその後もファンを大切にしている)


つまりユリカちゃんというキャラクター自体がそもそもゴスロリを体言していると言えるわけですね。


20話はこれをさらに掘り下げていきます。



20話「ヴァンパイア・スキャンダル」。

Aパートはファンの関わりについてでしたが、Bパートはゴスロリ節全開。

やはりトップデザイナーと対峙するシーンが一番ゴスロリ成分が出ていたかなと。


マヤ「今の君にこのドレスが着こなせるの?
 僕のドレスはね、強い女の子にしか似合わないんだ。」

「毅然と凛々しく、顎はツンと上向きに。
 こんな写真撮られたぐらいでへにゃへにゃしちゃう女の子には着て欲しくない」



Bパート中から散々描写されていますが、
ユリカの精神がロリゴシックコーデにふさわしくないという否定。
ゴスロリとしてユリカは失格だという意味もこめられていると感じます。


マヤ「今の君がこのドレスに胸を貼っていいと言える?」

ユリカ「言えません…」

ユリカ「今はまだプレミアムレアドレスにふさわしくないかもしれない。」
 でもきっとそうなる!そのためならどんな努力でもする!」
 私は誰よりもロリゴシックにふさわしいアイドルになります!」


マヤ「………高い目標を目指して向かっていれば、いつかそこにたどり着けるかもしれない」




このシーンが最高にゴスロリ節です。

努力しようとするユリカを見て「この子なら…」
とカードを渡したいい話、普通に見ればそう感じるのですが
やはり、これがゴスロリ衣装であることが熱い。

ゴスロリとは服を着ることでその服にふさわしい精神をまとうことであり、
より強く気高く美しく、な自分を目指すこと。

ユリカはこのゴスロリの精神性を持つ女の子である。
だから魔夜もユリカにプレミアムドレスを託したわけです。

また、さらにいうと正確にはふさわしくないというのがまた良い。
ゴスロリとは少女性が重視されるものであり、
未熟なものである少女がゴスロリ服を着ることで、
より大人になろうとしているところにも一つの美学があるのです。

完成されていないものゆえの美しさ、というものが表されていたと感じました。



このシーンは台詞と共に構図もとても印象的です。

上手側にプレミアムドレス、下手側にユリカが配置されており、
プレミアムドレスが上からユリカを見下ろしているような画作りがされています。

プレミアムドレスにふさわしくなることがユリカの目指すものであるという、
ユリカのゴスロリ性がここからも伺えるわけですね。


ここからは個人的解釈になりますが、、
ドレスをカード化する前にプレミアムドレスに見上げる魔夜のシーンもゴスロリっぽさを感じました。

魔夜自身もやはりゴスロリの道を進むものであり、
ゴスマジックコーデはデザイナーである魔夜の憧れでもあるわけです。
そのゴスマジックコーデを渡すとは魔夜の精神をユリカに託すということ。

ここを踏まえると、


「高い目標を目指して向かっていれば、いつかそこにたどり着けるかもしれない」


という台詞の前に自嘲気味に笑うシーンが最高に決まっていたと感じます。


(キャプ環境がないので画像を出せないことが悔やまれる…
気になった方はぜひ見返してみてください。)




というように、藤堂ユリカ=ゴスロリという精神そのものという考えをあてはめた上で、
アイカツ!19、20話を見るとより深く楽しめると思います。
もしこの記事がその足がかりになれば幸いです。


ゴスロリを腫れ物として扱わず、丁寧に描写したアイカツ!は、
一流のファッションアニメと捉えて問題ないと思います。

これからも独自のストーリー構成を毎週楽しみにしております。

アイカツ! 18話「チョコっとらぶ」

なんだか文章を書きたくなったのでアニメの感想を書かせていただきます。



アイカツ! 18話「チョコっとらぶ」

いや~、ぶっ飛んでましたね。

女児アニメでここまでやってくれるアニメってなかなかないと思います。

らいちくんの女装、いちごちゃんの「あおい、上脱いで!」、

デレデレ蘭ちゃん、らぶゆ~おとめちゃん………。


販促アニメという皮を被って本当にスタッフが好き放題やってるなと感じます(笑)。



とても面白くおかしくぶっ飛んでいて実にアイカツ!らしいお話だったのですが、

別の意味で「ああ、やっぱりこれはアイカツ!だな…。」

と思うところがふたつあったので書かせていただきます。



まず、一つ目

”らいちくんが女装して学校訪問してきたことをうまく利用して
授業風景(練習風景)を映して、キャラクターの努力の過程を見せたこと。”


こういうシーンがあるからこそ、アイカツ!のキャラクターは応援したくなってしまうんですよね。

2クールアニメが減り1クールアニメが増えた昨今、

後の盛り上げ回のためにこういった地味なシーンを挟むのは大切だと強く感じます。



そして、二つ目

”らいちの「ボク、あおい姐さんにはもらってばかりだ」という台詞。”


今日のアイカツ!は面白いし、皆かわいいし本当に楽しいんだけど、

それを吹き飛ばすくらいこのシーンが大好きです。



アイドルって見ているだけで力がもらえたりするんですよね。

アイドルの卵が新米アイドルとして活動していくなかで、

ファンに”何か”を与えられるようになった。

という成長を綺麗に表されていて、じんわりと胸に響きました。



また、本来アイドルオタクであるあおいちゃんが無自覚というのも非常にポイントが高いです。

ファンに媚びるという形ではなく、自然な姿でアイドル活動した結果として、、

らいちくん、ファンに”何か”を与えられたというものが読み取れます。



真剣に頑張っているからこそ受け取ることの出来た、

「ボク、あおい姐さんにはもらってばかりだ」という台詞。

こういうシーンがあるからこそ、アイカツ!はやめられませんね!
プロフィール

ゲソリバ

Author:ゲソリバ
アニメ見てます。
適当に感想をつらつらと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。