スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版プリティーリズム熱唱上映 (3/16)

3月16日に横浜ブルク13さんで行われた
「劇場版プリティーリズム熱唱上映」に行ってきました~!



熱唱上映とは…

以下、公式より

> ★熱唱上映&キャストトークイベントについて
お客様全体で一緒に盛り上がる熱唱上映&キャストトークイベントです。
この上映回に限り、コールや応援など、
本当のライブをご覧いただいているかのように盛り上がっていただいて構いません。
さらに、キャストが登壇してのトークイベントも開催し、プレゼント抽選会もございます!




とまあ、このようにサイリウム振ったり、\黙れユンス!/したりと
TLのアニメ実況みたいなテンションで映画見ちゃおう!というイベントです。


基本的に自分はキャストトークイベントが目当てで、
熱唱上映というものにはあまり興味がなかったのですが、
なかなかどうして、これが非常に楽しめるものでしたね。


この記事見てる人は全員がプリリズ見てる人だと思うのでそのまま投げますけど、
ほら、プリリズに出てくる観客って民度低いじゃないですか?
あれを自分たちで出来るっていうのが、もう楽しいったらありゃしない!

\みおんサマァアアアアアアアアアアアア/するのも良し、「りずむちゃん結婚おめでとう!」叫ぶのも良し…
オーロラライジングのシーンでJUNさんの「ユニバアアアアアアアアアス」を真似している方もいらっしゃったとか。


自分は「Dream Goes On」を泣きながら歌ったり、
「まず無限ハグをマスターするんだ」とか叫んでましたね。
あっ、上映2回目のかな恵のシーンで、「大人にもストーンちょうだい!」って言っていたのは俺です。
ちょっと笑っている方がいて嬉しかった(笑)。


プリティーリズムはただ見るよりも、周りと想いを分け合いながら見るのが面白いアニメだと思うので、
この熱唱上映というイベントはぴったりのように感じましたね。


あとあと、熱唱上映という言葉が非常にプリティーリズムらしくていいですよね。
こういうイベントって一般的には絶叫上映というらしいんですが、そんな中の熱唱上映…
うん、センスあるしプリリズっぽい!


ということで、めちゃくちゃ楽しめた熱唱上映でしたっと。




ここまで書いて舞台挨拶の話をしていなかったことに気付く。


舞台挨拶ですが一回目は上映後、二回目は上映前のトークになっていました。
基本的に内容に触れてもらう方が好きなので、上映後舞台挨拶を選ぶマンだったのですが、
今回は二回目のトークの方が当たりでしたね。


記憶がもう怪しくなっているので自信はないんですが、

一回目は
挨拶→映画になった感想→映画の良かったシーン→クイズイベント
→長崎音響監督のキャストへのメッセージとそれに対する反応→最後に挨拶

二回目は
挨拶→映画の見所→好きなプリズムソング→クイズイベント
→菱田監督のキャストへのメッセージとそれに対する反応→最後に挨拶

みたいな流れでした。


一回目は基本的には映画についての感想だったのですが、
二回目はこれに触れられないだけに、
キャラクターに対する想い入れを話す方向に逸れて、それはもう俺得状態!


好きなプリズムソングというところで、
前作の曲「Dream Goes On」を挙げるるみるみは、
本当にプリリズを愛してくれているんだなぁと…(涙)


RLチームはやはり「pride」が話題にあがっていたのですが、
えみりんの「Little Wing & Beautiful Pride」話は聞けてよかったです。

ハピなる音頭に比べて、非常に大人っぽい歌い方になっているLWBPは、
ゲームに入る曲ということで他のデュオソングとは違い、
「どしゃぶりHAPPY!」と同じ日に収録されたとか。

しかも、「どうしてあのべる様とペアになるのか?」
という部分がまったくわからない状態での収録だったようで(笑)。

「あのべるちゃんとペアを組むくらいだから、
きっと何かしらすごいことがあったのだろう!」

(ここでべる様と言い掛けたけど、なるをイメージしてべるちゃんと言い換えたえみりんは声優の鑑!)

と、一年後のなるちゃんをイメージした歌い方にされたようです。
そりゃかっこよくなりますわな…。



その後の監督からのメッセージコーナーも泣けましたね。
というか、このイベントのるみるみは全てにおいてずるかった(笑)。


「私の声優人生の中での大事な時期に、
みあというキャラクターを演じることが出来て良かったと思います。」


「みあというキャラクターを演じることで、私自身もポジティブになることが出来ました。
『特に私たちはプリズムスターだ!みんなが進む道は明るいって、
未来は美しく輝いてるって、私たちが言わなきゃ、誰が言うんだ!』
という台詞は今でも忘れません。」


などなど、るみるみの中で上葉みあというキャラクターが
いかに愛されているかが強く伝わってきました。

作品を深く愛している人間にとって、これほど嬉しいことってないんですよね。
この三年間の間、自分はプリティーリズムから”生きること”を
教わったといっても過言ではないと思っているので、本当に……。


序盤がちょっと重い部分もあったり、自分がAD大好き人間なのもあって、
DMFは本放送とその録画でしか見直していないのですが、
るみるみの言葉で自分のDMFが好きなこと、
そして好きな部分が明確化された感があるので、今度通しで見なければいけないなと思いました。


こういうことがあるから、キャストトークイベントってやめられないんですよね!
最後は横道にそれまくりましたが、以上でイベント感想を終わりにしたいと思います。
最高のイベント、ありがとうございました!



P.S.
すっかり書き忘れてましたけどクイズコーナーでうっかり賞品ゲットしちゃいました!
サイン入りポスターです!ドヤァ!
Bi2-dHrCQAA7qoy.jpg
スポンサーサイト

劇場版 プリティーリズム・オールスターセレクション プリズムショー☆ベストテン

はい、見てきました。
なんていうか…なんていう、もう……。



プリティーリズム最高!!!!!!!!!



自分で書いていて、「もはや感想ですらねぇな…」とは思うんですけど、
良かった、本当に良かった……良かったよね??


なんといいましょうか、
視聴者の心の内にある”プリズムの煌き”が光り輝くような映画でした!
三年間見続けてきた人にとっては最高のご褒美だったね、うん…。


「AD見てたけどその後のシリーズ見てない!」って人は
ぜひぜひ映画見に行って、DMF~RL見たくなればいいんじゃないかな!



基本的な作りは、今までのシリーズ全作品のCGパートを曲ごとに区切って再編集したものが
スタッフが苦労した順にランキング形式で紹介されるという形でした。


また、CGパートがただ映されるだけでなく、
ランキング紹介の前に女児アニメ映画特有の上映注意アニメーションがあったり、
紹介のタイミングでちょくちょく小ネタを挟んだりと飽きない構成になってましたね。
そして、最後には………


見た人にはわかると思うんですけど、これ本当に最高でしたよね…!
見てない人は早く見に行きましょう!






<以下ネタバレ注意>










重度のプリリズ大好きマンなので、ランキングに文句つけたくならないか
少々…いや、かなり心配だったのですが、案外スッと入ってきてびっくりしました。


どのジャンプも大好きなんですけど、
あえて言うなら「Dear My Future ~未来の自分へ~」「Mirage JET」と「Que Sera」でしょうか。

DMFのショーってどれもショー演出が凝っててかっこいいんですよね。
ペアチャムバンドの発光による光の軌跡は何度見ても幻想的…。
この3曲のおかげで、改めてAD抜きにしてもDMF大好きなことを自覚できて良かったです。



あとは、やっぱり3位の「Dream Goes On」ですかね!


いやーホント最高でした!はい!!!


Dream Goes Onは自分の中で「プリティーリズムといえば!」くらいに大好きな曲なので救われました。
本当に救われたんです……。


この映画の映像全てに言えることなんですけど、編集がずるい!
なんだよ、私服ヒラヒラヒラクコイノハナからピュアプレミアムあいらって……なんなんだよ……!


これ、いつもtwitterでブツクサつぶやいてることなんですけど、
12話のあいらショーと50話のあいらショーって反転する形になっていて、
物語の始まりと終わりの全てが描かれているんですよ。


それをみんなに理解して欲しくて、
何回も、何回も…つぶやいてた俺にとってあの映像はさぁ……(泣)





そして、最後……

うん、そりゃ「You May Dream」が1位だよな…!


自分は亀有のMARs舞台挨拶初回を見に行ったんですけど
映画館に向かう途中、シャッフルで音楽流してたら、
到着直前でちょうどYou May Dream流れたんですよね


なんかもうタイミング良過ぎて「これはもう、今日絶対に流れるだろ!!!!」
くらいのテンションで映画見てたら、まさかの一位で体の震えが止まらなかったです(笑)


映像についてはあえて何も言いません。
たぶんあの映像は皆のプリティーリズムの好きな部分を想い想いに反芻するためにあったと思うから。


冒頭でも書いたとおり、この劇場版プリティーリズムは、
視聴者の心の内にあるそれぞれのプリティーリズムへの想いを
自分だけの形で輝かせるためにあると思うんですよね。


どのシリーズが好きだって良い。
見てないシリーズがあったって良い。
脱落したシリーズがあっても良い。
それでも、キャラクターたちが輝いてきたことには変わりないから。
それに、きっとこれを見ている人たちはプリティーリズムが好きなことには変わらないから。


そんな優しい気持ちになれた映画でした。


ありがとう、プリティーリズム!
プロフィール

ゲソリバ

Author:ゲソリバ
アニメ見てます。
適当に感想をつらつらと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。